コンポストトイレ2リットルタンク仕様は2タイプご用意しています

コンポストトイレ、こまらんe20型 はLとSタイプをご用意

小型のコンポストトイレはバイオトイレのように撹拌槽で便と尿が入ったコンポストを電気で乾燥しません。尿を撹拌槽に入れない仕組みの便器で便だけを撹拌槽に入れ分解・処理し、尿はタンクに貯めることになります。20型は8リットルタンク仕様とボトル形状の2リットルがあます。

コンポストトイレ、こまらんe20S型は野外で使えます

2人用のタイプを一回り小さくした20S型です。小さく軽いので、野外などに持っていけます。

持ち運びが楽なので、野外活動にご使用できます

  • 撹拌槽の容量はLタイプと同じです。
  • ハンドルの直径は20センチを使用しています。
  • 重量は約10キログラムで持ち運びできます。
  • 排気装置はオプションで付けることも可能です。
  • 取り替え用の2リットル尿ボトル1個、付属します。

20S型は3つのパーツで構成されます

本体ケース、尿分離式便器、そして撹拌槽、付属品として撹拌ハンドル、2リットルタンク2本

撹拌槽を取り出すときは、まず、便座を外します。
撹拌槽を取り出すときは、撹拌器のハンドルを外し、持ち上げて取り出します。コンポスト基材は約12リットル入れ、少量の微生物基材を添加した後、水で湿らせてご使用下さい。

撹拌槽には約12リットルのコンポスト基材を入れて下さい。目安は、撹拌器の横棒が見えなくなる程度で十分です。

本体右手側面に便器底の扉を開閉するハンドルレバーが付いています。用を足すときはレバーを引き上げ扉を開けます。小便の際は閉じたまま使用します。

左手側面に便器底扉の開閉レバーがあります。用を足すときはレバーと引き上げて扉を開けて使用します。

オプションで排気装置が付けられます。撹拌槽で発生する炭酸ガスがでますので、排気口は開けたままにして下さい。

尿を受けるタンクは便器の前側の尿排出口から落ちてタンクに入ります。

便器底の扉を開けて用を足します。尿は便器前側から出て下のタンクに入ります。

トイレ前部に収納されたタンクを取り替える方法は、まず、設置トレーだけを引き出し、タンクを一段低くしてからトレーごと引き出して下さい。

タンクの取り出しは、タンクを持って、下のホルダーを引き一段下に移動させてから引き出します。

  標準価格は13万2千円(税、送料込み) オプションの排気装置は別途3万3千円になります
 電源が確保できる場合、長期に連続してお使いになる場合は排気装置を設置されることをオススメします。
 ※コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材7千円)もご用意しています。

説明書をご用意しています。ご不明なことがありましたら、お気軽にお問合わせください。

コンポストトイレ、こまらんeトイレ20型はご使用される場所で選べます

こまらんeトイレ20S型 は電源がない野外での使用を、 こまらんeトイレ20L型 は100ボルト電源が取れる、室内での使用を想定して製作されています。 20S型 はその分コンパクトに仕上がっていて、野外への持ち運びが容易です。
20L型 は100ボルト電源で、排気装置、暖房便座、撹拌槽の加温が可能なつくりになっています。

こまらんeトイレ20S型

小さい方の2人用の2リットルタンク式コンポストです。撹拌槽のコンポストは側面の輪っぱ状のハンドルで座ったまま回します。大きさは、横幅39センチ、奥行き53センチ、便座までの高さ43センチです。

サイズは、横39センチ、奥行き53センチ、便座までの高さ43センチのLタイプです

こまらんeトイレ20L型

大きめの2リットルタンク式コンポストトイレです。バイオ式のように便を撹拌槽で分解、尿は2リットルのタンクに入ります。大きさは、横幅41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さ45センチです。

サイズは、横41センチ、奥行き57センチ、便座までの高さ45センチのLタイプです

こまらんeトイレ20L型は室内用のポータブルとしてご利用できます

大きめの2リットルタンク式コンポストトイレは暖房便座も付けられます。替えタンクが一個付きます。

2リットルボトル仕様のこまらんトイレ20L型です

タンク式の本体ケースに2リットルのボトルタンクを装着
ボトルの交換が容易です。交換用タンクが付属します。
ベットサイド用などポータブルとして使用できます。

  • 撹拌槽の下に保温マットを入れて加温できます。
  • 直径25センチの回転ハンドルで撹拌します。
  • 暖房便座を付けられます。

タンクの取り出しは簡単です 、タンクの取手を持ってタンク台の皿を引き出すと外れます

タンクの取り出しは、タンクを持ったまま、下のタンクホルダーを引きタンクを一段下に移動させてからタンクホルダーごと引き出します。 替えのタンクをセットする場合は、タンクを持ち上げた状態で、タンクホルダーをタンクの下にセットします。

大小分離の便器には底に扉が付いていて、ハンドルレバーで開閉します

用を足すときは左手側のハンドルレバーを引き上げて使用します。尿は便器前の穴からタンクに直接入ります。

排気装置の役割は便のコンポスト化を促進し、臭いを排出します

壁側に設置する排気ファン、屋外に取り付けるステンレス製フード、1,5メートルのダクトホース、そしてAC-DCアダプターが付属します。

このタイプは壁に排気ファンを取り付けます。1.5メートルのダクトホースでトイレで発生する排ガスを屋外に出します。

壁用排気装置は取り付けが簡単、トイレを使用しないときはダクトホースが外せます

壁用排気装置の室内側のファンは12ボルト仕様です。AC-DCアダプターで作動します。壁に60ミリの塩ビ管を入れます。

壁の中に直径60ミリの塩ビパイプを入れます。

屋外側にステンレス製ガラリ、雨よけフードを取り付けます。水が入らないよう、コーキング材で防水処理をします。

屋外の壁にはステンレス製雨よけフードを付けます。

こまらんトイレは各パーツに分かれ、水洗いできます

FRP製で軽量、そして丈夫です。水に強いのでメンテナンスが容易です。水洗い後は、柔らかい布で拭き取って下さい。
洗剤を使用される場合、中性洗剤をご使用下さい。定期的にFRP製品用の保護剤を塗布されると、汚れが付きにくくなります。

20L型は本体ケース、便器、撹拌槽、タンク台トレーに分かれます、FRP製で水洗いなど、メンテナンスが容易です。
20L型は本体ケース、便器、撹拌槽、タンク台トレーに分かれます

コンポストトイレの寒さ対策として暖房便座、撹拌槽の保温装置が付けられます

20L型は暖房便座が付けられます

標準仕様は普通便座が付いていますが、ご希望により暖房便座をお付けできます。消費電力は50ワット程度ですので、月間維持費も1時間50ワット とすれば、24時間使用で約1キロワット、月30キロワットになります。1キロワット20円とすれば、 電気代は6百円前後程度です。

大きめのタイプでは、撹拌槽の下にコンポストを温める保温マットを入れることができます。寒い地域では設置をおすすめします。

20L型は保温マットが付けられます

撹拌槽の気温が低下すると分解が進まなくなります。暖房便座を付けることで撹拌槽の保温にも良いのですが、寒冷地仕様として、内側ケースと撹拌槽の間に撹拌槽を加温する保温マットを入れることができます。 撹拌槽を加温する保温マットを1時間30ワット とすれば、24時間使用で約0.7キロワット、月約20キロワットになります。月間の電気代はは4百円程度です。

ボトル式こまらんeトイレ20L型の価格ですが

標準価格は16万5千円(税、送料、排気装置一式込み)
※コンポスト基材セット(約10回分の基材と微生物基材7千円)もご用意しています。

コンポスト基材の設定方法等、説明書をご用意しています。
ご不明なことがありましたら、お気軽にお問合わせください。